生活協同組合 共立社

安達理事長

新年、明けましておめでとうございます。

 

日頃より様々な活動にご協力を頂き、誠にありがとうございます。

生協共立社は鶴岡生協の創立以来63年間、地域でくらしを営んでいく誰もが安心して暮らせるように、「地域生活者」の視点で生協運動に取り組み、「協同のあるまちづくり」をスローガンに活動してまいりました。

 

そしてその取り組みは、『くらしの変化に対応し、人と食をつなぐ、人と人をつなぐ、子供たちの未来に責任を持つ』という視点から「運動と事業」を広げ、実践を繰り返してきました。

 

昨年度は、山形県地域生協60周年を記念して「伝えたい~わが家のレシピ~」を発刊することができました。多くの組合員から購入していただき、高評価をいただいています。

 

 

 一人ひとりの力は小さくても、力を合わせ、県内の協同組合の連帯の力で「平和とより良いくらしを求めて」「いつまでも住み続けられるまちづくり」に向けて取り組んでまいります。

 

本年も皆様との協同の取り組みが前進し、連帯が強まりますことを祈念いたします。

生活協同組合共立社 理事長 安達 忠士