山形県勤労者労済生協

本部長 熊澤 年啓
本部長 熊澤 年啓

 

 明けましておめでとうございます。

                                                                                                         全国労働者共済生活協同組合連合会

                                              山形推進本部 本部長 熊澤 年啓

 

ご家族共々輝かしい希望に満ちた新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年中は、全労済山形推進本部に多大なるご支援を賜り感謝を申し上げると共に、数々のイベントの催しを通して、皆様とのふれあいや助け合いの輪を広げることも出来ましたこと、心から御礼を申し上げます。

 

 全労済は一昨年9月に60 周年を迎えました。人間でいいますと還暦、生まれ変わりを意味します。昨年6月に新たな中期経営政策「New―Zet Work」を策定し、『お役立ち発想・共創活動』を柱に事業と運動の変革に取り組んでいます。その一つとして、全労済がもっと多くの方々に親しまれ、応援していただける存在となるため、新しいブランドを立ち上げ、これを活用してまいります。

  正式名称である全国労働者共済生活協同組合連合会、略称の全労済は変えずに、新たな姿を表す愛称を『こくみん共済coop』と定めることにします。これは単に商品名を組織の愛称としたのではなく、労働者自主福祉を核としながらその取り組みをさらに広げ、「こくみん・みんなのために、共済というたすけあいの仕組みを提供する、協同組合(coop)であること」を表しました。

 少子高齢化や大規模災害の発生、人々の孤立など、社会が大きな課題を持ちながら変化の時を迎えている今、私たちはあらためて原点に立ち返り、『共済』を通じて人と人との『たすけあいの輪』を結び、『安心のネットワーク』を広げていきます。