2018年度協同組合講座が開催されました

 

1. 開催日 時  2018年7月27日(金) 

  午後2時から午後4時10分

2. 開催場所  山形市国際交流センター 

  ビッグウイング 4階 第一研修室

3. 講師   

   城南総合研究所所長、城南信用金庫 顧問 

   吉原 毅 氏

 

4. 参加者 48名(内県内信用金庫より11名の出席がありました。)

5. 講演要旨

  最初に、お金の歴史を簡単に振り返り、貨幣の性質、交換性、保存性、価値の尺度を説明。そして、お金に固執する危険性(拝金主義)に関し、歴史や経済史を見ていく中で、具体的に話されました。そして、資本主義の最終的な事業組織形態である株式会社制度や新自由主義の危険性について以下のように述べました。

① グローバル化が進み、新自由主義の下で株式会社が、株主の利益を最優先にしていることが今の経済格差や、経済危機を生み出していき、ひいては戦争に結び付くこと

② ①に関しては、株主は投資している企業の株主配当にしか関心がなくなり、企業と地域とのかかわり、企業の労働者との関係、企業が起こす諸問題にはまったく無関心になることが問題であり、ひいては人間性の破壊に結び付いていること(現在の状況)

③ ②に関して、日本では『日本的経営』がかつて行われ、株主の発言力を強くしないための株の持ち合い、家族的経営、地域に根ざした経営がある程度ではあるができていた

④ 協同組合は、出資する人、その事業を行う地域、事業の利用者、事業の取引先が近い関係にあり、いわゆる利害関係者がそれぞれ得をすることから、上で述べた株式会社の悪いところを持たない、人間性を回復する事業体、組織であること

   次に、城南信用金庫の脱原発の取り組みについて触れました。 城南信用金庫は、信用金庫では日本で初めて『脱原発』を、吉原氏が理事長になって直後の東日本大震災、福島原発事故の発生後宣言し、具体的に再生可能エネルギー事業に参入していることを講演の中で以下のように述べました。

①原子力の危険性、核兵器開発と米軍がヒロシマ、ナガサキに原爆投下したその理由

②戦後、原子力の平和利用としての原発その危険な裏面(化石燃料よりも埋蔵量が多い、低コストであるという誤った認識がひろめられたこと

③福島第一原発事故は、津波により電源喪失となり水素爆発が起こったといわれているが実は

地震発生直後に放射能漏れが起こっていたこと

④ 原発の構造は所謂『配管の塊』であるから、地震には弱いものであること

⑤ 原発による放射性廃棄物の処理も、まったく目途が立っておおらず、危機的な状況にあり、核燃料リサイクルは極めて危険であること

⑥ 政府や財界、危険性がわかっていながら、あえて脱原発に行かないのは、『原発を作ったか

ら』という極めて政府や原発を推進する人たちの官僚的な考えが原因であること

⑦ 脱原発をすすめるため、農地に太陽光発電パネルを設置することで、原発分の発電を十分賄えること

 最後に、城南信用金庫でとりくんでいる、ソーラーシェアリングの取り組みの紹介があり、講演を終了しました。

 

6.参加者からの感想

  ●協同組合運動に対し、改めて頑張れる話をたくさん教えていただいてありがとうございます。 

  多くの感動をもらいました。

  ●大変勉強になりました。どうもありがとうございました。

  ●短い時間で内容が多かった。もう少し講座の時間を長くするか、中身を絞って濃い話になればと思いました。

  ●わかっていてもとめられない原子力、一人ひとりが自然エネルギーに切り替えすることで実現したい。また、協同

  組合は地位、お金だけでない、自分たちの暮らしを豊かにするため。

  ●歴史から幅広くお話していただき、世の中の経済がどの様にうごいているか理由がよくわかった。

  ●原発はなんとしても廃止したいです。再生可能エネルギーで、さすてぃーなブルな社会を協同組合の力で、作ります。

  ●盛りだくさんで、大変勉強になりました。

  ●今熱い縄文時代から、サスティナブルまで幅広い話と思ったら今ニュースに出ていくる、ジャンルを問わずすべての

   分野に切り込んで、あっという間の2時間でした。スピードが1.5倍のしゃべりだから充実、満足。明治政府が

   英、仏の差し金なんて、日本人は頭がいいと思っていたのに、何百年も遅れている社会です。

  ●早口についていかない(笑いの所で遅れてスミマセン)、楽しい講演でした。自然エネルギーの有効活用。

  ●現在の情勢につながるお話。一つ一つにうなずかされることばかり。自分自身が感じていたことが、はっきりしまし

  た。これから協同組合の在り方も強く感じる事もありますが、組合員としてやれる事、自分の考え方について確信をも

  って活動しようと改めて思いました。

  ●今回の吉原毅先生の講演で、協同組合についてから、世界のしくみについて知ることができ、とても刺激的な講演でし

  た。

  ●お金の成り立ちの話がとても印象に残りました。一人の金融機関の職員として、金融機関の本来の役割を果たしていけ

   るように努力して行きたいと思います。

  ●株式会社と協同組織の大きな違いが、よく理解できる講演でした。それだけでなく、幅広い、現代の生活・現状・歴史

  までも学ぶことでできました。原発の事実も今回までわからないことばかりだったが、原発の放射能の多さを知り、驚

  いた。

  ●金融機関の人間として、また、信金マンとして、今まで以上にお客様主義で仕事をしていきたいと感じました。お金の

   大切さ、弱さを知ったような気がしました。お金がないと生きていけない時代、自分自身を大切にしていきたいと思

   います。

  ●とても聞きやすい話方で、内容もとても良かったと思います。『協同組合だからできることがある』

   まさにその通りだと思います。やる気と勇気をもらったような気がします。

  ●お金とは何か、協同組合と株式会社の違いなど、考えなければならないところが多くあったと思います。また、今だ

   けなど、狭く考えるのではなく、広く情報をもって、行動していきたいと考えました。これからの自分の仕事を考え

   ていこうと思いました。

  ●協同組織の歴史が十二分に理解できました。

  ●この様な講演会に参加したのは初めてです。むずかしい事ばかりでしたが、とにかく理想実現するためにあるのが組合

  であることを、しっかり理解できたらと思います。

  ●わかりやすい話方で、理解しやすかった。城南信用金庫から今後目がはなせないようだ。協同組合の助け合いは素晴ら

   しい。

  ●これからの社会になくてはならぬ、社会の流れを知ることができて良いお話でした。

  避けて通れないこれからの社会を教えていがだき、前進して生きていきたいと思います。難しい面もありましたが、

  参加してよかったです。前向きに生活していきたいと思います。

  ●メモをとりながら追っていくのがやっとでした。家に帰ってゆっくり勉強しなおししたいと思います。

  ●ロバートオウエンさんが協同組合の原型をつくった、とのこと。ロッジデールの事しか知らなかったので、オウエンさ

   んについても、もっと知りたいと思った。『今だけ、カネだけ、自分だけ』世の中がそういう考えで動いているこ

   と、あらためて考えると、とても恐ろしいことだと思った。ソーラーシェアリング、とても面白いとおもった。

  ●お金の歴史、協同組合の歴史、大変分かり易く良かったです。原発の話、改めてその恐ろしさを知らされました。

  ●経済問題にうとい自分にとって『目からウロコ』の内容で、あっという間の2時間でした。抽象的な言葉でとどまって

  しまいがちな社会に対する見方を、人間の欲や自分さえよければという考え方やシステム(企業)を具体的に論破して

  いかなければならないということを実感しました。また子どもたち、孫たちがこれから生きていく社会を、少しでもい

  い方向に変えていくことが、自分の最後の仕事かなと思ったところです。長年、教育にたずさわってきた自分ですが、

  協同組合運動にも、少しでも力を注いでいきたいと思います。

  ●テーマの内容で、とても元気をいただきました。今後も脱原発と協同組合活動に努力していきます。広瀬<注 吉原先

  生が講演の中で触れられた方>さんの本も最新版購入しひろめています。

  ●知らないことばかりのお話で、未来の子どもたちのためにも、もちろん自分のためにも知識を正しく吸収することがい

  かに大切か、思いました。小国町という新潟県と接する町に住んでいますが、町の人たち(特に若い人に聴いてもらい

  たいと思いました。

  ●お金の話から明治維新のなりたちまで、とても、楽しく、学習できました。やはり、歴史を学ばないと未来を考える事

  が出来ないと改めて感じました。今だけ、金だけ、自分だけ→安倍政権そのもの。ただ、国民がやはり、カシコク物を

  考えなくてはだめだとつくづく思いました。

  ●お金の意義と歴史について、とてもわかりやすくお話いただいきありがとうごじあました。頭の中がすっきりしまし

  た。明治維新の裏事情、かつてイギリスの思いで動かされ、戦後はアメリカの思いで動いている日本について考えさせ

  られました。戦後より戦後の最近だと感じていましたが、背後にあるアメリカの富裕層の思いのままに動かされたいて

  い現実を、はっきりお話いただき、今後どう動いたらよいかと・・・。原発のお話もよかったです。信用組合の成り立

  ちもよくわかりました。ありがとうございました。

  ●世界の仕組み、世の中の仕組みを早口で説明していただき、全ては理解できなかったが大まかな部分は分かりました。

  本当にそうだと納得!原発の話には力が入っていました。脱原発しかない!先生の話を少しずつ区切ってもう一度巻き

  戻して聞き、勉強したい!!(自分の不勉強さを実感しました。)講師として最高でした。

                                        以上参加された方々の感想です。